FC2ブログ
 
台東区の美容室ブログです☆
美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白熱

立候補予定者らにとっては、麻生内閣の支持率低迷も気になる。ある自民都議は「支持の広がりはそう期待できない」と語る。

 「よりによって、こんな時期に」。民主都議が頭を抱えるのは、最近になって鳩山代表の資金管理団体で浮上した、政治資金収支報告書の虚偽記載問題だ。

 多くの立候補予定者は、西松建設の違法献金事件で公設秘書が立件された小沢一郎・前代表と5月に交代して以降、党のイメージが回復したと安心していた。それだけに、鳩山代表の応援を受ける新人の立候補予定者は「応援はありがたいが、政治とカネの問題は、庶民感覚とかけ離れていると批判されても仕方がない」と、複雑な心境を打ち明けた。


 告示日の麻生首相の「第一声」は、多摩地区の青梅市。自民現職に公明推薦が出ている「自公協力」の場で、都連が激戦区の一つとして、首相入りを要請した。首相はその後文京区に入る。細田幹事長ら幹部5人も計16か所に駆けつける。

 一方、民主の鳩山代表は、都心の中央区からスタート。自民現職が7期連続で議席を守る選挙区(定数1)で、応援を受ける新人の陣営は「注目が集まればありがたい」と期待する。鳩山代表は初日だけで5区の11か所を回り、岡田幹事長ら2人が計11か所に出向く。

 公明の太田代表は、荒川区で第一声。北側幹事長らも、目黒区などで応援。共産の志位委員長は、杉並など3区で街頭演説し、市田書記局長も3か所を回る。


いろんな
政治をして
いただいて
国をよくして
いただきたい
ものですね


スポンサーサイト

プロフィール

プチパルファン

Author:プチパルファン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。